MENU

シニア層に人気の飛距離がでる高反発ゴルフドライバーを知っていますか?

飛距離が落ちてきたら高反発ゴルフドライバーで切り抜けろ!

 

ゴルフは年齢とともに飛距離はどんどん落ちてきます。飛距離が落ちるとスコアも落ちてくるので、私と同じように悩んでいる人も多いと思います。ですが、心配ありません。高反発ドライバーを使えば、失った飛距離を取り戻すことができるかもしれません。

 

高反発ドライバーは人気なのですでに利用している人もいるかもしれませんが、中でも「HAYABUSA」という高反発ドライバーが「楽に飛距離が伸びる」とシニア層に話題です。私も実際に使用していますが、30ヤードほどドライヤーの飛距離がアップしました。

高反発ドライバー人気ランキング!

HAYABUSA以外にも高反発ドライバーはたくさん販売されているので、管理人おすすめの高反発ゴルフドライバーをランキング形式でご紹介したいと思います。

 

HAYABUSA(ハヤブサ)

パワーが落ちてきたシニア層に爆発的な人気の高反発ドライバー

HAYABUSA(ハヤブサ)

 

シニア層でパワーが落ちてきたな〜と感じたら、高反発ゴルフドライバーの「HAYABUSA(ハヤブサ)」を使えば間違いないでしょう。高反発なので競技ゴルフには使用できませんが、プライベートのゴルフには使うことができます。

 

インパクト時のパワーが効率よくボールに伝わるので、反発力エネルギーが最大限発揮してくれるのが特徴です。シニア層だけではなく、もともとパワーがなかった人でも楽に飛距離アップすることができます。

 

 

 

プロギア SUPER egg

高反発エリアが広いため、安定して飛距離がでる!

プロギア SUPER egg

 

ゴルフで毎回フェースの真芯でボールを捕らえるのは非常に難しいです。プロでも毎回は無理です。ですので、アマチュアゴルファーは飛距離のばらつきがあります。

 

しかし、金エッグドライバー(プロギア SUPER egg)は高反発エリアが広く設計されているため、ボールを真芯でとらえなくても比較的飛距離が安定します。

 

高反発なので飛距離アップもするので、飛距離にばらつきがある人はお試しください。

 

 

 

ハイパーブレード シグマ プレミア ドライバー

80歳が300ヤードを超えた幻の高反発ドライバー!

ハイパーブレード シグマ プレミア ドライバー

 

「ハイパーブレード シグマ プレミア ドライバー」は80歳で300ヤード越えをしたことで一躍有名になりました。

 

ただ、誰でも300ヤード飛ばせるようになるわけじゃなく、もともと300ヤード近く飛ばせるパワーがあったというのが条件です。

 

パワーが落ちてきたシニア層や、弾道を好きに調整したい人におすすめの高反発ゴルフドライバーです。

 

今回は、年代によってプレースタイルをどのように捉えていく必要があるかと言う点にスポットを当てて説明していきます。ゴルフをプレーする人の中には、飛距離が伸び悩むようになったのは年齢のせいだと感じている人も多くいます。確かに年齢による不調もありますが、例え50代になっても工夫次第で理想的な飛距離を実現させることができます。伸び悩みの原因の一つには、手打ちになってしまっていることが挙げられます。年代が経つにつれて、体を大きく使ったスイングと言うものに抵抗感を感じるようになると、自然と手首の部分だけでゴルフボールを打つするようになります。しかし、ドライバーを使うにしてもアイアンを使うにしても、ゴルフの基本は体の全身を使ったスイングであるため、その基本から逸脱すれば、飛距離が伸びなくなるのは当然です。そのため、年齢からくる体の衰えには柔軟に対応していかなければなりません。そのためには、トレーニングのバリエーションを増やすことが大切です。ゴルフをプレーする上で重要なことは関節です。そのため、年齢とともにこの関節部分が硬くなってしまうと、柔軟で繊細なプレーはできなくなってしまいます。大切なことは、体を柔らかくするようなトレーニングを継続させていくことです。現代では、体の硬さを解消するためのストレッチ法が十分に確立されています。そのため、スイングをする上での体の軸についての感覚を取り戻し、思いきったプレーをするためにも、日々のトレーニングは欠かせません。
参考:シニアに人気の飛ぶゴルフドライバーランキング!

このページの先頭へ