MENU

暑い夏場のゴルフを熱中症に注意して乗り切る方法

夏場のゴルフプレイで最も注意しなくてはいけないのが、熱中症です。ついついプレイに夢中になってしまって体調管理がおろそかになってしまうことはスポーツをするうえではよくあることですが、注意しておかないと命を落とすことも往々にしてあります。そこで、真夏の炎天下でゴルフをプレイするうえで熱中症にならないようにするための対策を紹介します。

 

まず、一番基本的な対策はこまめに水分補給をすることです。汗をかくことによって水分と一緒に塩分も体外に排出されてしまうので、同時に塩分補給をすることも忘れてはいけません。

 

プレイ中にいつでも飲めるように2リットル程度のスポーツドリンクを甲羅せたものや、塩飴などがあると、その対策ができます。また、直射日光に当たりすぎないように気をつけることも必要です。

 

待つ時には日傘を使ったり、キャップをかぶるなどをするようにしましょう。プロがプレイするときにサンバイザーをしている姿はよく見かけますが、サンバイザーは頭頂部を守ってはくれないのであまり効果がありません。

 

なのでちゃんと頭をすっぽりと覆ってくれるようなキャップをかぶるようにしたほうがいいでしょう。メッシュタイプのものなどにするとむれたりしにくいので、そういうキャップがおすすめです。

 

ウェアについてもある程度工夫することで体が温まりすぎることを防ぐことができます。冷感機能のあるアンダーウェアなどを着ると、幾分涼しくプレイすることができるでしょう。また、ウェアは日光を吸収してしまわないように白っぽいものを選ぶなどの工夫をするだけで体の余分な体温上昇を抑えることができます。

 

また、体を冷やすことも忘れてはいけません。そんなときにうってつけのアイテムが、ネッククーラーです。保冷剤を入れて使うタイプでは途中で溶けてしまって使えなくなってしまうので、濡らして使うことができるようなネッククーラーを使ったほうがよいでしょう。または、濡れたタオルを凍らせることができる冷却スプレーなどを持っておくと、便利かもしれません。

 

シニア層に人気のゴルフドライバーランキング!

このページの先頭へ