MENU

初めてのゴルフ場でも戸惑わない為の最低限のマナー

社会人になると、特に男性の場合は仕事上の付き合いでゴルフをする機会が増えてきます。ゴルフはマナーについていろいろと厳しいというイメージが持たれていますが、ガチガチに作法で固められたようなものではなくお互いが楽しくスポーツを楽しむうえで必要なことばかりですから、決して堅苦しさを感じるようなものではありません。

 

まず初めてゴルフ場に来た人が最低限身につけておきたいマナーですが、開始時間より遅れるようなことがないようにしておくのは基本です。どんなシチュエーションでも遅刻はよくないことですし、特に仕事関係の人とのゴルフの場合は相手の心証も大きく損なってしまいます。

 

開始時間の30分前には現地にいるようにしておきたいですね。ティグラウンドには大体10分前には移動しておくようにすると安心です。万が一遅刻しそうになった場合は、現地に到着してから謝るのではなく、事前に遅れる旨を連絡しておくのがマナーです。

 

それから喫煙する人は注意しておきたいのが、ゴルフ場では禁煙ということです。コース内が禁煙なのはもちろんですが、中にはクラブハウス内も禁煙になっている所もあります。タバコを吸う場合はどこが喫煙可能なエリアなのかをよく確認してからにしてください。

 

プレー中に守らないといけないマナーですが、他の人が打ち始めたら迷惑になるような行為はやめることです。打つ人が集中力をそがれるほどの大きな声で騒いだり、音を立てるなどの行為は避けましょう。ボールを打つ時の構えのことを、ゴルフ用語ではアドレスというのですが、アドレスに入ってからは静かにしておいた方がいいでしょう。

 

それから服装ですが、男女ともパンツルックと襟のついたトップスが基本の服装になります。女性の場合はゴルフ系の婚活などもありますから、スカートなどでオシャレをしたいことも多いかと思われます。スカートをはいてもダメではないのですが、ミニスカートは避けた方が無難です。

 

シニア層に人気のゴルフドライバーランキング!

このページの先頭へ