MENU

夏場の炎天下でゴルフをする時の暑さ対策

ゴルフ場の料金は、夏場の方が安く設定されています。やはり快適な気候の時にプレーした方が快適ですから、夏は人が少なくなるのです。でもだからこそ夏のゴルフ場は穴場でもあります。

 

でも夏場の太陽がぎらぎらと照り付けるゴルフ場で長時間過ごすのですから、健康の為にも快適にプレーするためにも暑さ対策と、日焼け・紫外線対策はきっちりしておいた方がいいでしょう。夏場用のゴルフグッズはゴルフショップでも販売されています。これらのグッズはたいていの場合UVカット加工もしてありますから、暑さ対策と同時に紫外線から身を守ることができるのです。

 

まず暑さ対策の定番と言えば日傘でしょう。急に雨が降ってきたときに備えて、雨傘としても使えるように晴雨兼用の日傘にしておくのがおすすめです。兼用タイプを持っておけば雨傘を日傘の二本用意する手間が省けます。炎天下の下でゴルフをしていると日光が髪の毛にあたって暑くてヒリヒリしますし、まぶしくてショットも打ちにくいでしょう。

 

あらかじめキャップかサンバイザーを用意しておくことで、頭部を暑さから守ることができます。サングラスもあった方がいいでしょう。肌を日焼けから守るために紫外線予防のクリームも合った方がいいでしょう。子供用や低刺激性のクリームなら敏感肌の人でも使えます。

 

炎天下でスポーツを行う場合、熱中症予防のためにこまめな水分補給も必要です。いつでも冷たいドリンクを飲めるようにボトルホルダーも用意しておくといいでしょう。有名なスポーツ用品メーカーのものが出ていますから、見た目もおしゃれで格好良くなっています。

 

服装ですが、基本は長いパンツルックがマナー上も好ましいとされていても、夏場はパンツルックではかなり暑さを感じることになります。でも夏場に限りゴルフ用ならハーフパンツを許可しているゴルフ場もあるので、通気性のいいハーフパンツを着用して快適にプレーができます。ソックスは短いものでも大半の場合は大丈夫でしょう。

 

シニア層に人気のゴルフドライバーランキング!

このページの先頭へ