MENU

夏のゴルフに持っていくと重宝して便利なもの

夏場にゴルフをする時に悩まされるのが、うだるような暑さと痛いほどの日差し、虫刺されの3点ではないでしょうか。毎年夏になると、40度近くまで気温が上昇する地域も多く、熱中症や脱水症状も心配になるものです。

 

ゴルフは集中力が大事であり、暑さや虫などによって集中が切れてしまうと、納得のいくスコアもだすことはできないでしょう。夏場にゴルフに行く場合に、持っていくと重宝するものとは、どのようなものがあるのでしょうか。

 

まずひとつめはツバの大きい帽子です。帽子がないと、夏場にゴルフをするのは本当に辛いでしょう。サンバイザーの方が涼しそうにも思えますが、帽子の方が頭に直接日光が当たることがないので、熱中症になりにくいといえます。

 

近年では濡らしてかぶるタイプの帽子も販売されているので、利用してみるのもよいでしょう。次にタオルです。タオルは2枚以上は必ず必要です。プレー中に汗はだらだらと流れるので、前半、後半と2枚以上持っていった方がよいでしょう。タオルがあれば急に雨が降ってきた場合などにも役に立ちます。頭からタオルをかぶってプレーする人もいますが、マナー的にはやめた方がよいでしょう。

 

参考
飛ぶドライバー

 

次に着替えです。汗がだらだらと出るので、前半と後半で着替えを行うと、すっきりとした気分でプレーに集中できます。下着や靴下などの替えも忘れないように注意しましょう。そして忘れてはならないのが日焼け止めです。日差しをガンガンと浴びることなり、芝生の照り返しもかなりきついものです。

 

日焼け止めを使わなければ、半袖のラインで焼けたり、靴下のラインで焼けたりと、変な日焼け跡がついてしまいます。意外と忘れがちなのが虫よけや虫刺されの薬です。ゴルフ場には芝はもちろんのこと、池や林など、虫が発生する環境が多いものです。

 

虫よけをつけてからプレーするようにしましょう。そして凍らせた飲み物も用意しておきましょう。家で凍らせるのを忘れても、近年では凍らせてあるペットボトルも販売されているので、利用するとよいでしょう。

 

シニア層に人気のゴルフドライバーランキング!

このページの先頭へ